• 経営管理・医療経済
  • 2025年へのカウントダウン

  • 地域医療構想・地域包括ケアはこうなる! 


  • 武藤正樹(国際医療福祉大学大学院教授)著
  • A5/300頁
  • 2015年09月07日 刊行
  • 978-4-87058-600-0

「2025年まで,あと10年。そのなかでもホームストレッチは2018年から始まる7年間である。というのも,2018年は第7次医療計画のスタート年,同時に市町村の介護保険事業計画のスタート年,そして診療報酬改定・介護報酬改定の同時改定年でもある。この年はちょうど惑星直列のような年で,ここから2025年のゴール前のラストスパートが始まる」(本書より)

「地域医療構想」「地域包括ケア」を実現させる2025年まであと10年──両施策の具体的な工程表,制度改革の内容・要注意ポイントを解説。そのうえで,医療・介護現場における経営戦略,実践対策をナビゲートしています。

2016年診療報酬改定に向けて今最も注目される中医協「入院医療等の調査・評価分科会」座長(著者)が見通す,2025年さらにはその先の医療と介護の新たなる“地平”と,そこへ向かうための新たなる“座標軸”!! 

さらに,来年の2016年診療報酬改定の動向,改定のポイント(7対1病床削減等)や,「患者申出療養」「地域医療連携推進法人」等の内容も詳しく解説。医療・介護制度改革の最新の動向と情報のすべてが本書1冊に凝縮されています!!

FAXでのご注文はこちらから


¥2,600 (税抜)

書籍内容

★医療・介護制度改革の全体像と具体的内容,2025年に至る10年の工程表が一目でわかる,ビジュアルなイラスト・図表を多数掲載。各種の医療・介護関連データも多数収録しています。

★「地域医療構想」「地域包括ケア」「患者申出療養」「地域医療連携推進法人」「バイオシミラー」「医療事故調査制度」「データヘルス計画」──など近未来のキーワードを多数網羅し明快に解説。

主要目次

主要目次