診療報酬請求事務能力認定試験について
財団法人日本医療保険事務協会が7月と12月に実施している認定試験について最新の情報をお届けします!
はじめに
   現在,診療報酬請求事務に従事する人たちが教育訓練を受けられる養成機関が100以上。養成機関で学ぶ人は年間に2万人を超えるといわれています。またその一方で,医療機関では,請求事務を外部業者に委託するケースが年々増加しています。
 そこで、レセプト従事者のレベルアップを目的に,1994年2月に厚生大臣の認可を受けた 『公益財団法人日本医療保険事務協会』 が設立され,その年の12月に協会主催の記念すべき第1回の診療報酬請求事務能力認定試験が実施されました。
 以来,年2回,7月と12月に試験が行われています。この試験は,さまざまな養成機関で行われている教育内容やレベルの標準化を目的とし, 全国一斉統一試験のかたちで行われるのを特徴としています。内容はレセプト作成の実践力を問うもので, 診療報酬点数表についてかなりの知識が要求されます。
受験対策のキーポイント
 
試験の出題傾向と具体的攻略法を考えよう >
 
ガイドラインに沿った実戦対策 >
 
試験合格者の声 >
 
資料:診療報酬請求事務能力認定試験ガイドライン >
第44回診療報酬請求事務能力認定試験の結果について
  公益財団法人日本医療保険事務協会(理事長・尾嵜新平)が,平成28年7月10日に実施した第44回診療報酬請求事務能力認定試験の結果は,次のとおりです。
受験申込者数 5,070人(医科:4,982人 歯科:88人)
受験者数 4,663人(医科:4,581人 歯科:82人)
受験率 92.0%(医科:92.0% 歯科:93.2%)
合格者数 1,367人(医科:1,339人 歯科:28人)
合格率 医科:29.2%  歯科:34.1%

第45回診療報酬請求事務能力認定試験の実施について

  第45回診療報酬請求事務能力認定試験を次のとおり実施します。
この試験は診療報酬請求事務に従事する者の資質の向上を図るため,厚生労働大臣の許可を得て設立された公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する全国一斉統一試験です。
1.受験資格 問いません
2.受験科目 医科,歯科のいずれかを選択
3.出題範囲

(1) 学科試験

 

(1)医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
(2)保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
(3)診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
(4)医療用語及び医学・薬学の基礎知識
(5)医療関係法規の基礎知識
(6)介護保険制度の概要
(2) 実技試験 診療報酬請求事務の実技
4.試験日時 平成28年12月11日(日) 午後1時〜4時
5.試験地 札幌市,仙台市,さいたま市,千葉市,東京都,横浜市,新潟市,金沢市,静岡市
名古屋市,大阪府, 岡山市,広島市,高松市,福岡市,熊本市,那覇市
6.受験手数料 ¥7,500
7.願書提出期間 (1)インターネットによる受験申込
※インターネット申込は、「平成28年9月16日(木)10:00」からの開始となります。
仝朕与醜
平成28年9月16日(木)10:00〜 平成28年10月14日(金)17:00
団体申込
平成28年9月16日(木)10:00〜 平成28年10月14日(金)17:00
(2)郵送による提出
平成28年10月3日(月)〜11月7日(月)(当日消印有効)
※提出期限後の到着分は、11月7日までの消印のあるものを除き、受理できません。
8.合否発表 平成29年2月17日(金)
9.受験案内・願書の請求 封筒(角形2号)にあて先(自宅の郵便番号,住所及び氏名)を明記のうえ,切手140円(2部以上は205円)を貼り,定形封筒等に入れて(公財)日本医療保険事務協会へ送付してください。なお,学校等で,まとめて請求される場合は,電話またはFAXをご利用下さい。
請求期間:平成28年9月1日(木)〜10月31日(月)(必着)
 問合せ先 〒101-0047
 東京都千代田区内神田2-5-3 児谷ビル
  公益財団法人 日本医療保険事務協会
  TEL.03-3252-3811 FAX.03-3252-2233
  URL 
http://www.shaho.co.jp/iryojimu/

メイン 新刊・近刊 雑誌 書籍 Q&A 追補・正誤 会社案内 取扱い書店 認定試験 リンク 投稿募集 編集部