オススメ!!
編集部からのお知らせを定期更新。
〈第2巻〉禁煙の動機づけ面接法 更新日:2019年09月15日
2016年診療報酬改定により,過去1年間のニコチン依存症管理の平均継続回数が2回に満たない場合の減算規定が新設されました。禁煙治療を継続させることが,患者の治療のためはもちろん,診療報酬上も必須となりました。

本書では,禁煙治療を継続させる「動機づけ」に焦点を当て,面接における具体的な質問・是認・聞き返し・要約の手法(OARS)について,また患者自身の「チェンジトーク」(行動変容を指向する発言)を引き出し増幅させる手法について,患者の「抵抗」「不協和」「維持トーク」への応答について,心理学的アプローチからわかりやすく実践的に解説しています。

具体的な質問など会話例を多数収録しているので,臨床実用マニュアルとして実際の診療の場面でそのまま活用できます。

――――――――――――――――――――――

(注)本書につきましては,書店経由でのお取り扱いはしておりません。直接,小社までお申込み下さい。


この書籍情報を見る>
1 動機づけ面接法の定義と効果
2 動機づけ面接法のスピリット
3 動機づけ面接法の原理
4 基本技法〜OARS
5 チェンジトークの識別と増幅
6 チェンジトークを引き出す積極的な質問法
7 抵抗への応答
8 動機づけ面接法の戦略
9 動機づけ面接法の学習

【巻末付録】
 個人的価値カード
 
診療報酬改定セミナー開催のご案内
2017年11月10日
 
 

メイン 新刊・近刊 雑誌 書籍 Q&A 追補・正誤 会社案内 取扱い書店 認定試験 リンク 投稿募集 編集部