書籍目次
書籍・雑誌のページ見本をご覧いただけます。
< 経営管理・医療経済一覧 
< 書籍メニューに戻る 
< 書籍紹介に戻る 
 ページ見本 >
医療&介護 職場のルールBOOK 
社会人の基本,仕事のルール,職場のマナー150カ条
購入(買い物かごに入れる)
【主要目次例】

はじめに

第1章 「職場のルール」作成・運用マネジメント術
 0.医療従事者だからこそ「基本のキ」
 1.なぜ『職場のルールBOOK』が必要か――職場にルールはないほうがいい?!
  1〔新入職員向け〕当たり前を身につける
  2〔外国人職員向け〕コミュニケーションツールとして
  3〔中堅職員向け〕その1 帰属意識を高めるために
  4〔中堅職員向け〕その2 先輩のための新人育成ツールとして
  5〔管理職向け〕その1 自身のためのツール
  6〔管理職向け〕その2 人事労務管理のツールとして
 2.独自の「ルールBOOK」を作成する
  1 前提を考える
  2 最初から完璧なものを作ろうとしない
  3 タイトルの工夫
  4 設けるルール項目のヒント
    共通のルール
    経営理念やクレド
    具体的な事例(体験談)
  5 今求められている組織課題
    SNS対策
    ハラスメント防止対策
    メンタルヘルス対策
    患者の満足度調査の結果
  6 関係づくりのためのコミュニケーション・ヒント
  7 「ルールBOOK」を作成するときの工夫
    ルールの表現方法
    わかりやすく作る
    外国人職員向け
    周知の方法を考えて作る
    作りながら試行する
 3.「ルールBOOK」を活用する
  1 「ルールBOOK」導入時の注意点
  2 管理職対象「マネジメント研修」のカリキュラムの1つとして
  3 まず使ってみる
  4 活用の場面
  5 「ルールBOOK」は教育ツール


第2章 職場のルールBOOK 150カ条
 1.仕事の基本47カ条
  0 『職場のルールBOOK 150カ条』作成の留意点
  1 仕事の基本姿勢
  2 仕事で守るべきルール
 2.職場の基本マナー30カ条
  1 ビジネスマナーの基本
  2 患者対応マナーの基本
 3.プロフェッショナルの仕事36カ条
  1 プロフェッショナルな仕事の基本
  2 プロフェッショナルの実務ルール
 4.マネジメントのルールと鉄則37カ条
  1 人事・労務マネジメントのルールと鉄則
  2 就業規則・服務規程というルール

第3章 “職場のルール違反”ケーススタディ30
 1.仕事のルール・ビジネスマナー編
  Case1  カタカナ語にご用心
  Case2  やっぱり,見た目が9割
  Case3  上から目線は厳禁
  Case4  叱り方にもルール
  Case5  指示の受け方とメモのとり方
  Case6  メールの常識・非常識
  Case7  イラッとさせる電話応対(時間感覚編)
  Case8  イラッとさせる電話応対(伝え方編)
  Case9  イラっとさせる電話応対(聞き返し方編)
  Case10 「まさか」の名刺交換(準備編)
  Case11 「まさか」の名刺交換(順序編)
  Case12 ご案内時は,歩調を合わせ所々で振り返る
  Case13 伝え方はやさしく,しかし情報は正確に
  Case14 席次のルールを覚えて適切な席を勧める
  Case15 待合室は怒りの温床
 2.仕事のルール・労務管理編
  Case1  始業時刻ギリギリの出勤
  Case2 同僚を通じた遅刻・欠勤連絡
  Case3 「自己保健義務」意識を広め突発的な休みを防ぐ
  Case4 職員のSNS利用
  Case5 注意・指導か“パワハラ”か
  Case6 元職員による職員・患者さんの引き抜き
  Case7 年功序列になりがちな年休の取得
  Case8 通勤手当の不正受給
  Case9 患者さんからのお礼
  Case10 協調性がない職員
  Case11 残業は,上長の理解を得て申請したうえで
  Case12 人材確保までの期間を考えた退職申請ルール
  Case13 勤務中の喫煙は労働時間の短縮だという不満への対策
  Case14 ハラスメントは職場全体の問題として捉える
  Case15 業務に支障を来す副業

メイン 新刊・近刊 雑誌 書籍 Q&A 追補・正誤 会社案内 取扱い書店 認定試験 リンク 投稿募集 編集部