書籍『レセプト総点検マニュアル 2017年版』の情報

書籍詳細情報  
書籍の情報を詳しく説明します。ページ見本からページのイメージが、主要目次から目次がご覧いただけます。
保険請求
購入(買い物かごにいれる)

レセプト総点検マニュアル 2017年版 
2017年4月現在の診療報酬に準拠
 
2017年04月26日 刊行
ISBN978-4-87058-647-5
医学通信社 編
B5 256頁 本体価格 2,200円+税
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新刊

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


レセプト点検の全チェックポイントを徹底収載。
点数表には掲載されていないレセプト審査の具体的基準(内部規程)が網羅されている画期的書!!
事務点検,医師点検ともに役立つ必携マニュアル!!

2017年4月現在の診療報酬と審査機関の審査基準に準拠した最新版!! 検査・投薬・処置・リハビリ・手術等の適応疾患・回数・分量・併算定の可否など,点数表ではわからないレセプト審査上の具体的な指標(内規)を徹底収録。――本書だけで知り得る,この上なく貴重なデータ集!!

審査機関の審査委員による「診療科別レセプト審査のポイント」を収録した書籍は本書だけ!! 外科・内科・泌尿器科・皮膚科・整形外科・麻酔科など各科審査委員が,「最近の審査の傾向」「診療科別の審査チェックポイント」「症状詳記のアドバイス」を実例をあげて詳細に解説します。
【記載例】
●「血液ガスと電解質測定:急性期4日間は4〜6回/日,以後1週間は2〜3回/日,2週間以後は必要に応じて1回/日以内」
●「肺癌診断のための細胞診回数:最高6回まで認める」
●「脳血管障害時のCTの回数:‘院時,1〜2週間後,3〜4週間後の3回」
●「脳梗塞で選択的にウロキナーゼ注入:冠動脈内血栓融解法に準じ,96万単位を限度とする」
●「DIC疑いでの蛋白分解酵素阻害薬:不可(確定病名が必要)」
●「肝機能障害で強ミノC注:認められない。適応は慢性活動性肝炎に伴う肝障害」
●「胃癌手術後イレウスに高圧酸素療法:5日間認める」
●「バルーン留置時の膀胱洗浄:週2回,月10回が限度(汚染が甚だしくない場合)」
●「PTCA時のバルーンカテーテル:1回2本,適当な説明あれば3本まで」
――等。
 
   
 
 ページ見本 >
 
 主要目次 >
< 保険請求一覧 
< 書籍メニューに戻る 

メイン 新刊・近刊 雑誌 書籍 Q&A 追補・正誤 会社案内 取扱い書店 認定試験 リンク 投稿募集 編集部
【関連書籍】
 
診療報酬Q&A 2017年版
 
プロのレセプト・チェック技術2016-17年版
 
請求もれ・査定減ゼロ対策2016-17年版
 
最新 検査・画像診断事典2017年4月増補
 
薬剤・検査早見表 2015