書籍『外保連試案2016』の情報

書籍詳細情報  
書籍の情報を詳しく説明します。ページ見本からページのイメージが、主要目次から目次がご覧いただけます。
臨床医学
購入(買い物かごにいれる)
2016年診療報酬改定に向けた
外保連試案2016 
手術・処置・生体検査・麻酔試案
 
2015年12月18日 刊行
ISBN978-4-87058-603-1
外保連(外科系学会社会保険委員会連合) 編
A4 400頁 本体価格 10,000円+税
医療界注目の『外保連試案』最新2016年版!!

『外保連試案』とは,外保連加盟の99の外科系学会により調査・検証された,手術・処置・生体検査・麻酔の全術式のコスト・技術料データです。術式ごとに「技術難易度」「必要スタッフ数」「所要時間」を精査して「人件費」を算出し,さらに「使用材料・機器・室料等のコスト」を配賦して「総費用」(外保連試案「診療報酬額」)を算出しています。

『外保連試案』は2010〜2014年診療報酬改定における手術料改定の根拠として行政や中医協で活用されました。また,DPC況寡賊,陵弖錣箸靴董岾以殤⊆蟒兒愎堯廖碧椽颪砲蘯載)が活用されています。――次の2016年4月改定はもちろん,今後の診療報酬改定においても活用されることは確実で,外保連も,その内容のさらなる精緻化を図っています。

医療機関では,本試案のデータ活用により自院の手術・処置・生体検査・麻酔の精緻な原価管理・コスト検証が可能となるとともに,実際の診療報酬額との差額に基づく現実的かつ適正な経営管理も可能となります。

医療機関の外科系診療科,経営管理部門,医療事務部門にとって,本試案は様々な活用が可能!! 添付CD-ROMには「外保連試案」の全データが収録され,パソコン上での活用も可能です!!
術式ごとに「技術難易度(A〜E)」「必要スタッフ数」「所要時間」を精査して「人件費」を算出。特に「技術難易度」については,各学会と外保連委員による徹底した検証が行われ,万全の精緻化が図られています。

材料・機器・室料などのコストもすべて厳密に配賦・算出し,人件費と合わせて「費用総計」を出し,現行の診療報酬額と比較。――診療報酬と実際のコストがいかに乖離しているかが一目瞭然です。

実態調査に基づいて,術式ごとのすべての使用材料を網羅。「特殊縫合糸」など,償還できない材料の費用(定価ベース)が診療報酬額の25〜50%も占めている手術が多い実態が明らかになっています。

CD-ROMでは,さらに詳細な医療材料のデータが自在に検索できます。
 
   
 
 ページ見本 >
 
 主要目次 >
< 臨床医学一覧 
< 書籍メニューに戻る 

メイン 新刊・近刊 雑誌 書籍 Q&A 追補・正誤 会社案内 取扱い書店 認定試験 リンク 投稿募集 編集部
【関連書籍】
 
最新 検査・画像診断事典2017年4月増補
 
標準・傷病名事典Ver.3.0
 
手術術式の完全解説2016-17年版
 
臨床手技の完全解説 2016-17年版
 
特定保険医療材料ガイドブック2016年版