書籍に関する質問

「診療点数早見表」

Q早見表発行までの間,使える書籍・資料はありますか?
A 『月刊/保険診療』2月号で「診療報酬改定速報」(←改定の「骨子」,3月号で「診療報酬改定詳報」(←全ての告示点数・施設基準──を掲載しています。
 そのほか,3月上旬に「官報」が出ます(『月刊/保険診療』3月号と同じ情報。これは官報販売所で購入できます。
Q早見表の発行は,もう少し早くなりませんか?
A 厚労省からの最終的な「通知」「事務連絡」が4月中旬に出されるため,4月25日頃になります。
 (厚労省から正式な改定内容である「告示」が出されるのは3月上旬です。その後,その告示に関してさらに細かく規定した「通知」が発出されるのは3月の上旬から下旬にかけてで,さらに「事務連絡」であるQ&Aが出されるのが3月下旬から4月にかけてです。本書ではさらに4月中旬に発出される「通知」──「診療報酬請求書・明細書の記載要領」まで関連規定をすべて掲載しています)

「診療点数早見表CD‐ROM」

Q07年版は07年4月の改定内容が入っていますか?
A 07年4月の点数表一部改定の内容は,入っていません。
 06年10月の健保法等改正とそれまでに出た追加通知等の内容はすべて反映されています。なお,07年4月の点数表一部改定の内容は,ホームページの『点数表CD-ROM』追補情報のところに,PDFファイルで掲載しています。
Q08年改定版は,Vistaに対応しますか?
A はい。対応します。

「DPC点数早見表」「DPC検索システムNICSPEED」

Q付属のCD-ROMとNICSPEEDはどのように違いますか?
A 附属のCD-ROMは『DPC点数早見表』の内容を,そのまま同じようにパソコンで閲覧できるようにしたものです。検索機能(全文検索)もあります。一方,NIC SPEEEDは,傷病名を入力したら対応するDPC点数やICD-10コードが検索できるシステムです。また,入院日数を入力するだけで入院期間別の包括点数が算出できるなどの機能もあります。
Q付属のCD-ROMやNIC SPEEDは加工できますか?
A 附属のCD-ROMは加工できません。(※ エクセル等にも落とすこともできません。)
 NIC SPEEEDについても加工できません。

「診療報酬請求事務能力認定試験 受験対策と予想問題集」

Q新版と前版との違いは?
A ①直近の過去問題の収載,②オリジナル問題の一部差し替え(点数改定直後の版は大幅に変わります),③制度改正や点数改定の内容に対応した問題や解説の変更――がなされています。
Q点数改定後の7月の試験は前期版で勉強しないとダメですか? 新点数で試験されるのですか?
A 診療報酬改定直後の7月の試験は,新しい点数や解釈で答えなくてはいけません。改定前の書籍では点数はもちろん,解釈も異なる可能性が高いので,新版での受験勉強をオススメします。(7月試験は4月現在,12月試験は10月現在の法制度や点数に基づき解答しなくてはいけません)
Q試験の申込みはどこでできますか?
A (財)日本医療保険事務協会が主催している試験なので,そちらにお申し込みください。
 (http://www.shaho.co.jp/iryojimu/)
 (tel:03-3252-3811)
Q試験勉強のためのオススメ本は?
A まず点数表は必ず必要です。検索しやすく解説も多い『診療点数早見表』がオススメです。さらに,学科用には『医事関連法の完全知識』が便利です。実技用には,診療報酬算定の入門書としては『入門・診療報酬の請求』が,点数と算定方法の早引きマニュアルとしては『診療報酬・完全攻略マニュアル』が役立ちます。また,レセプト作成の実技を学ぶには,実際の実技試験と同じ問題形式で解説を加えた『レセプト請求の全技術』がオススメです。
Q他の認定試験との違いは? また,他の試験の何級に相当しますか?
A 「診療報酬請求事務能力認定試験」は厚生労働大臣認可の財団法人・日本医療保険事務協会が主催している試験です。
 そのほかにも①医療事務技能審査試験(日本医療教育財団),②医療秘書技能検定試験(医療秘書教育全国協議会)など色々な試験がありますが,難易度は「診療報酬請求事務能力認定試験」が最も高いようです。ただ,それぞれの試験ごとに出題形式や範囲が異なるので,一概に他の試験の何級に相当するかは言えません。
 なお,本書はそのほかの試験の受験対策にも十分に役立つ内容となっています。
Q雑誌でやっている「総合医療事務試験」との違いは?
A 「総合医療事務試験」は雑誌『月刊/保険診療』の特集企画として,年に1度行っている誌上試験です。医療機関での実践的で幅広い実務能力を問うものであり,難易度は「診療報酬請求事務能力認定試験」よりも高く設定してあります。認定制はとっておりません(合否はありませんが,採点した解答用紙を返送しております)。

「レセプト請求の全技術」

Qどのような書籍ですか?
A カルテからレセプトを作成していくまでの算定方法や注意点を詳細に解説した実例問題・解説集です(全18事例/入院9事例・外来9事例)。カルテを見る際にどんなポイントに着目すべきか,レセプトを作成する際にどんな点に注意すべきかが理解できます。このほか,資料として,「レセプト点検のチェックポイント」などを掲載しています。

「在宅診療報酬Q&A」 

Qどのような書籍ですか?
A 在宅医療の診療報酬項目ごとに,あらゆるポイントのQ&Aをまとめたものです(全817個のQ&A)。雑誌『月刊/保険診療』に寄せられたQ&Aのほか,各関係団体が改定時に出すQ&A集や厚労省の質疑応答などから抜き出し,項目ごとに分類してまとめています。
Q介護とは関係ない書籍でしょうか? 介護保険のQ&Aも載っていますか?
A 第3章が介護保険・介護報酬の要点解説,第4章が介護保険Q&Aで,196個のQ&Aを載せています。
Q訪問看護ステーションのQ&Aも載っていますか?
A はい。第5章が訪問看護ステーションQ&Aで,医療保険の療養費の告示部分と,訪問看護ステーションに関する医療保険のQ&Aが54問載っています。
QQ&Aしか載っていないのですか?
A 在宅医療の診療報酬,介護報酬,訪問看護ステーションの訪問看護療養費について,その概要と要点を解説しています。在宅医療の診療報酬については,他の在宅診療報酬や医学管理料との併算定の可否を一覧表で示した「併算定マトリックス」が好評です。また,Q&Aの冒頭には,点数の概要を示しています。

「JAPIC医療用医薬品集」

Q漢方は載っていますか?
A はい。漢方製剤も,薬価基準に収載されているもの(つまり医療保険の対象とされる薬剤)に関しては,本書に掲載しています。
Q後発医薬品は載っていますか?
A はい。「製品」の欄に,先発医薬品は太字,後発医薬品は細字で掲載しているので,区別がつくようになっています。

「薬価・効能早見表」

Q漢方は載っていますか?
A はい。漢方製剤も,薬価基準に収載されているもの(つまり医療保険の対象とされる薬剤)に関しては,本書に掲載しています。
Q後発医薬品は載っていますか?
A はい。後発医薬品には「後」のマークを付け,一目でわかるようになっています。

「添付文書記載病名集」

Q漢方は載っていますか?
A いいえ。漢方製剤については,該当する標準病名がないものや,同一処方で異なる適応のものがあるため,掲載していません。
Q後発医薬品は載っていますか?
A はい。本書は「先発医薬品」について五十音順に掲載しており,後発医薬品は,その薬の先発品のところにまとめて掲載しています。

「特定保険医療材料ガイドブック」

Q企業名は載っていますか?
A はい。ただし,メーカー固有の商品名は掲載していません。
Q点数表にも同じ内容は載っていますか?
A はい。『診療点数早見表』には「材料価格基準」として,特定保険医療材料の価格,留意事項,定義――を掲載しています。

「介護報酬早見表」

Qどのような書籍ですか?
A 介護報酬の単位数と関連告示・通知をすべて収載し,オリジナルの「内容要約」「ポイント解説」,厚労省や各種団体の「Q&A」なども加えてあります(書籍の構成は『診療点数早見表』とほぼ同じです)。また,改定による変更点も一目でわかるようになっていて,施設の人員配置・設備基準は一覧表にしてわかりやすく掲載しています。

「障害者自立支援給付費・早見表」

Qどのような書籍ですか?
A 障害者自立支援給付費に関するあらゆる告示・通知を掲載しています。具体的には,障害者自立支援法による「介護給付費単位数表」や「訓練等給付費単位数表」とその関連告示・通知,厚労省の「Q&A」などです(書籍の構成は『診療点数早見表』,『介護報酬早見表』とほぼ同じです)。また,施設の人員配置・設備基準は一覧表にしてわかりやすく掲載しています。

「公費負担医療の実際知識」

Qどのような書籍ですか?
A 感染症予防法や生活保護法,障害者自立支援法,精神保健福祉法など,国で行われている公費負担制度の請求方法,患者負担割合,レセプトの書き方などを実践的に解説した書籍です。(※ 都道府県独自の公費負担制度は掲載しておりません。)

「労災・自賠責請求マニュアル」

Q労災独自の点数について載っていますか?
A はい。さらに,その具体的な算定例も載せています。
Qレセプトも載っていますか?
A はい。算定の事例を多数掲載しています。

「文書・伝票BEST140様式」

Q付属のCD-ROMは加工できますか?
A エクセルで開き,自院で使いやすいように加工することも可能です。

「医療事務用語2400」

Qどのような書籍ですか?
A 医療事務の現場で必要とされる医事関連用語,法律用語,経営用語,医学・臨床用語,時事用語──全2400用語を五十音順に並べ,その意味をわかりやすく解説した書籍です。

「最新・検査画像診断事典」 

Qどのような書籍ですか?
A 点数表に収載されているすべての検査,画像診断項目の内容,適応疾患,保険請求上のポイントを網羅しています。適応疾患は日本臨床検査学会の監修を経たものですので,レセプト点検やレセプト審査の参考情報として使えます。

「手術術式の完全解説」 

Qどのような書籍ですか?
A 点数表に収載されているすべての手術(1150術式)の手技と手順,適応疾患,使用材料を網羅しています。術式を解説した図表も多数掲載しています。

「標準・傷病名事典」

Qどのような書籍ですか?
A 全診療科の日常診療で診断されるほぼすべての傷病名(2700項目)を収載しており,その症状,治療法,使用薬剤,検査法などを解説しています。ICD-10(国際疾病分類)に基づきICD-10コードを付けた標準傷病名で分類し,傷病名の別称も掲載しています。
Qすべての病名が載っていますか?
A 傷病名の数は約2700項目で,別称(同じ疾患の似たような名称)を含めると3400項目にのぼります。全診療科で日常的に診断されるほぼすべての傷病名を網羅しているといえます。

「院内改革マニュアル」

Qどのような書籍ですか?
A 医療機関をいかに改革していくべきか,そのノウハウを実際の事例をもとに解説し提案している書籍です。勝ち残る医療機関の条件を機能別に解説し,院内改革の事例,医療事務からの企画・立案事例を紹介しています。また,様々な医療関連データも掲載しています。

「保険審査Q&A」

Qどのような書籍ですか?
A 支払基金の元職員である著者が,「審査業務の流れ」や「最近の審査の傾向」,「審査の基準や審査委員会の審査の実態」,「不当減点への対処法」など,保険審査に関して医療機関が知りたいポイントを明快に解説しています。
 

書籍の内容の違いに関する質問

Q『プロのレセプトチェック技術』と『請求もれ・査定減ゼロ対策』と『レセプト総点検マニュアル』の違いは?
A 『プロのレセプトチェック技術』:請求もれと査定減の事例を挙げて,その原因と対策を,点数表の視点からだけでなく,臨床医学の視点などからも多角的に分析したものです。なぜ請求もれが起きたのか,なぜ査定減点を受けたのか,その理由を明確にすることで,応用力を身につけ,点検者のレセプトチェック技術を高めることを目的とした書籍です。
 『請求もれ・査定減ゼロ対策』:請求もれと査定減をゼロに近づけるために,医療機関として点検者個人として取りうるあらゆる方策を総合的に網羅し解説した書籍です。①医療機関のシステムとしての請求もれ・査定減対策,②実際のレセプト点検で使える480のレセプトチェックポイント,③実際のレセプトチェック事例,④査定減防止のための症状詳記の書き方,⑤未収金防止策──など,請求もれ・査定減対策を総合的に解説しています。
 『レセプト総点検マニュアル』:レセプト審査上の内部規定をもとに,レセプト点検をする際の具体的なチェックポイント(審査で認められる具体的な手術・検査・薬剤等の適応や分量など)を網羅的に挙げている手引き書です。国保旭中央病院が作成している「医師のための保険診療手引き」をベースとしています。
Q『介護報酬早見表』と『介護報酬パーフェクトガイド』の違いは?
A 『介護報酬早見表』:介護報酬の単位数と関連告示・通知をすべて収載し,オリジナルの「内容要約」「ポイント解説」,厚労省や各種団体の「Q&A」なども加えてあります。『診療点数早見表』の介護保険バージョンのようなものです。
 『介護報酬パーフェクトガイド』:介護報酬のケアプラン別の実際の請求事例(11事例)を収録し,その請求方法を詳細に解説した解説書です。また,介護報酬の単位数もすべて掲載しており,通知のポイントをまとめています。Q&Aも収録しています。
 制度解説単位告示通知施設基準コード表QA請求事例
早見表×
パーフェクト△抜粋△抜粋××
Q『労災・自賠責請求マニュアル』と『公費負担医療の実際知識』と『医事関連法の完全知識』の違いは?
A 『労災・自賠責請求マニュアル』:労災保険と自賠責保険の制度の概要,請求手続きや請求方法,レセプトの書き方などを解説した書籍です。
 『公費負担医療の実際知識』:感染症予防法,生活保護法,障害者自立支援法など,国で行われている公費負担制度の請求方法,患者負担割合,レセプトの書き方などを解説した書籍です。公費負担医療制度に特化した内容です。
 『医事関連法の完全知識』:「健康保険法」や「医療法」などをはじめとして,医療事務に必要と思われる74の法制度の要点を解説した書籍です。公費負担医療制度についても掲載していますが,基本的な解説にとどまります。実務的な請求の詳細については『公費負担医療の実際知識』にて解説しています。
Q『患者応対マナーBOOK』と『プロに学ぶ患者接遇』の違いは?
A 『患者応対マナーBOOK』:実際の患者応対の場面を再現した多数のイラストで,基本的なマナーと接遇のポイントを解説した書籍です。イラストと具体的なセリフでわかりやすく解説しているので,事務職員,看護師,医師の院内研修に最適です。
 『プロに学ぶ患者接遇』:具体的な会話例も多数掲載していますが,患者心理をどう分析するかなど,より学術的に患者接遇を解説した書籍です。
Q『標準・傷病名事典』と『最新・検査画像診断事典』の違いは?
A 『標準・傷病名事典』:傷病名ごとに,傷病名の概要,症状,診断法,治療法などをまとめています。
 『最新・検査画像診断事典』:検査と画像診断の全診療報酬項目ごとに,その方法,適応疾患,保険請求上のポイントをまとめた書籍です。
Q『最新・検査画像診断事典』,『手術術式の完全解説』,『臨床手技の完全解説』の書籍で内容が重なる部分はありますか?
A 『最新・検査画像診断事典』:①検査と②画像診断
 『手術術式の完全解説』:①手術
 『臨床手技の完全解説』:①処置,②リハビリ,③生体検査,④注射
 ――がそれぞれの掲載内容で,ほとんど重なる部分はありません。唯一,『臨床手技の完全解説』のなかの生体検査については『最新・検査画像診断事典』にも掲載されています。
Q『JAPIC医療用医薬品集2009』,『薬価・効能早見表2009』,『添付文書記載病名集 Ver.2.1(2009年2月版)』,『薬剤・傷病名早見表2009』,『病名適応医薬品集2008』の違いは?
A 詳しくは、こちらのPDFファイルをご覧下さい(※『月刊/保険診療』2009年6月号特集より)。
   【PDFファイル】 p50.pdf
   【PDFファイル】 p51.pdf

その他のよくある質問

Q施設基準が載っている本はありますか?
A 『診療点数早見表』には診療報酬算定上の施設基準がすべて掲載されています。
Q医療と介護の給付調整が載っている本はありますか?
A 『診療点数早見表』,『介護報酬早見表』です。
Q独学で勉強したいのですが,どの本を買えばよいでしょうか?
A なにを独学するかによりますが,いずれにしても『診療点数早見表』は必携です。そのほかは以下の書籍がオススメです。
 「診療報酬を勉強したい人」→『入門・診療報酬の請求』,『診療報酬・完全攻略マニュアル』,『レセプト請求の全技術』
 「医療事務を勉強したい人」→『医事課のお仕事』,『最新・医療事務入門』
 「認定試験を受験したい人」→『受験対策と予想問題集』,『医事関連法の完全知識』ほか
 「レセプト点検を勉強したい人」→『プロのレセプトチェック技術』,『請求もれ&査定減ゼロ対策』
Q初心者なのですが,どの本がいいですか?
A 診療報酬については『入門・診療報酬の請求』,『診療報酬・完全攻略マニュアル』,医療事務全般については『医事課のお仕事』,『最新・医療事務入門』などがオススメです。
Q以前医療事務の仕事をしていて,再び医療事務の仕事を始めます。どの本がいいですか?
A まず『診療点数早見表』は必携です。そのほかには,
  「実務で即戦力を目指す人」→『プロのレセプトチェック技術』,『請求もれ&査定減ゼロ対策』,『診療報酬Q&A』,『レセプト総点検マニュアル』など
 「認定試験を受験したい人」→『受験対策と予想問題集』,『医事関連法の完全知識』
Q「診療報酬請求事務能力認定試験」を受けるのに,必要な本はどれですか?
A まず『診療点数早見表』は必携です。また,認定試験に向けた『受験対策と予想問題集』が最適です。
 さらに,学科用には『医事関連法の完全知識』がオススメです。実技用には,診療報酬算定の入門書としては『入門・診療報酬の請求』が,点数と算定方法の早引きマニュアルとしては『診療報酬・完全攻略マニュアル』がオススメです。また,レセプト作成の実技を学ぶには,実際の実技試験と同じ問題形式で解説を加えた『レセプト請求の全技術』が役立ちます。
Q『受験対策と予想問題集』の他に問題集はありますか?
A 『レセプト請求の全技術』が問題集形式になっています。
Q新しく在宅医療を始めるのですが,参考になる本はありますか?
A 『診療点数早見表』と『在宅診療報酬Q&A』が役立ちます。
Q新規開業しますが,参考になる本はありますか?
A 『診療点数早見表』は必携です。開院のためのマニュアル本はありませんが,医療機関の経営管理の本として『院内改革マニュアル』,『戦略医業経営の21章』などがあります。また,保険診療の基本ルールを解説した『保険診療ルールBOOK』も必須です。
 医療事務部門のためには『医事課のお仕事』,『最新・医療事務入門』,『入門・診療報酬の請求』,『診療報酬・完全攻略マニュアル』などが入門書として最適です。
 さらに,医療事務の実務書としては『医事関連法の完全知識』,『公費負担医療の実際知識』,『労災・自賠責請求マニュアル』などが必須です。
Q新しく介護施設を立ち上げますが,参考になる本はありますか?
A 介護報酬に関しては『介護報酬早見表』と『介護報酬パーフェクトガイド』がオススメです。また,障害者自立支援法の給付対象者のための『障害者自立支援給付費・早見表』も必要ではないでしょうか。
Q介護施設の人員・設備基準はどこに載っていますか?
A 『介護報酬早見表』には介護報酬の単位数と算定基準のほかに,介護施設の人員・設備基準が一覧表でまとめられています。
Q総括について載っている本はありますか?
A 『最新・医療事務入門』,『レセプト請求の全技術』で解説しています。
QICD-10とは?
A WHO(世界保健機関)が作っている傷病の分類です。世界中の死亡・疾病等に関するデータを体系的に記録・分析・比較する目的で作っています。
QICD-10が載っている書籍はありますか?
A 『最新・診療情報管理マニュアル』にてICD-10とコーディングの解説をしています。また,『標準・傷病名事典』の傷病名にはICD-10コードが付してあります。
 ICD-10の一覧表という意味では,弊社では発行しておりません。
Q厚労省の官報はどこで手に入るのですか?
A 全国官報販売協同組合で購入できます。販売所は全国にあり,HPで閲覧可能です。
Q歯科の点数表は取り扱っていますか?
A 当社では発行しておりません。